馬のためのサドル:最も人気のあるバージョンと現代の修正

サドルは馬具の最も有名な要素です。サドルには多くの種類がありますが、それらのほとんどは時代遅れであり、さまざまな歴史的再構成でのみ使用されています。現在人気のあるスポーツや馬場馬術のオプション。馬に適したサドルを選ぶ、あるいは自分の手で作るためには、そのデザインの特徴を知る必要があります。

サドルは何ですか?

サドルはライダーの便宜のためだけのものであり、馬にとっては不便で煩わしいものであると考える人もいます。もちろん、人は乗るためにこの装置を使うほうがずっと快適です。馬の背中はそれほど平らではなく、フィーダーはそこに快適に座ることができます。さらに、サドルにはスターラップが取り付けられており、ライダーを支える役割を果たします。

馬のサドルは動物やライダーをどのように助けますか。

  • サドルは動物の背中をさまざまな摩擦から保護します。
  • サドル装置は、ライダーの体重を馬の背中に均等に分散させるのに役立ちます。
  • 馬の背中を保護するのを助けるサドルに囲まれたpotnikiの下で。
  • 現代のサドルに座って、ライダーは必要なベアリングを手に入れます。

上記に基づいて、鞍馬がその所有者にとって好ましいことを理解することができ、そして彼自身が怪我や背中を擦ることからよりよく保護されるであろう。

馬サドルの種類

現在、サドルはさまざまな種類があります。

  • アジア人
  • レディース
  • コサック。
  • 英語;
  • スペイン語など

めったにそのような特定の種がサドル「西部」またはAmerindianのように遭遇されることはありません。このタイプの最も近代的なモデルは、さまざまなショーや歴史的再構成の中でしか見つけることができません。それにもかかわらず、近代的および歴史的な選択肢には多くの共通点があります。

  • 彼らはすべてフロントとバックの弓を持っています。
  • 翼とライナー。
  • まわり;
  • Potnik;
  • プリストギ
  • シュネルラー。
  • まくら
  • 排水ベルト。
  • あぶみ。

女性用サドルなどの特定のモデルでは、標準外のデザインになっています。

騎兵とコサックサドルの特徴

騎兵隊のサドルはそれに乗る人の長期滞在のために設計されている馬の馬具の便利な要素です。騎兵サドルの特別な機能は、レンチク​​が作られている材料です。原則として、それは木か鋼鉄でした。このタイプのハーネスは軍隊で使用されていたので、荷物や武器を固定するためのさまざまな機器が付属していました。

コサックサドルは東部のモデルのためのより伝統的な形で騎兵のタイプとは異なりました。ライダーはヨーロッパタイプのサドルよりもかなり高い位置にあります。さらに、コサックモデルはフロントとリアの弓に配置されている特別なハンドルを持っています。かつてこれらのハンドルは武器のための土台として使用されていました。現在、これらのハンドルは、原則として、トリックライディングの基準点として使用されています。コサックサドルに囲まれたpotnikの下で、毛布は一度も使われたことがない。

レディースサドルとその特徴

最初の女性用サドルは古代ギリシャに現れました。古いフレスコ画では、漠然と現代のモデルに似ている画像を見つけることができます。現代の女性用サドルの主な特徴は、2本の弓があることです。これにより、横に座っているライダーは、馬の後ろに自信を持てるようになります。その「女性的」目的にもかかわらず、サドルは非常に危険な発明です。しかし、過去には、女性はすぐに飛び込むことができるだけでなく、さまざまな障害を負うこともありました。

老婦人のサドルの重さは約12 kgで、孤独な女性のための乗馬は問題のある職業になったことは注目に値します。概して、しもべや親戚が女性を馬と一緒に助け、そして最も著名な人々は特別な新郎を持っていました。

現代の女性用サドルのモデルは軽量の素材で作られているため、より手頃な価格ではなく、2倍以上の軽量化が図られています。現代タイプのサドルの装置は、ライダーがより快適で自信を持って感じることを可能にします。

乗馬スポーツ用スポーツサドル

スポーツ乗馬競技用のサドルは、次の種類に分類できます。

  • 馬場馬術サドル。このタイプは馬の馬場馬術用に特別に設計されています。馬は人の姿勢のわずかな変化を感じ、体と脚によってもたらされるすべての彼の命令を理解しなければならないので、ライダーの着地は非常に深いです。季節席サドルは席と狭い棚を短くしました。
  • スポーツシートユニバーサルタイプ。このタイプは、主に競技会へのプロの参加を求めないアマチュアに適しています。便利さのために、このタイプのサドルは散歩、狩猟と様々な訓練のために使われることができます。
  • スポーツトライアスロンサドル。このモデルは普遍的なものに非常に似ています、しかしそれは前方に広げられた翼を持っています。これは、クロスの間にフィールドを着地させるときに便利です。
  • 余分なキログラムがレースで役割を果たすので、レースシートはその最小の重さによって区別されます。競技中にライダーが立っているので、このタイプのあぶみは短いです。

プロの馬術スポーツに従事するつもりがない人は、普遍的なサドルを購入することをお勧めします。

サドル選択の特徴

ライダーの快適さだけでなく、サドルの正しい選択にも左右されます。これは動物と人間の関係に直接影響します。サドルが馬に不快な感覚を与えるならば、彼は決してライダーと相互理解をしないでしょう、それであなたはサドルを試さなければなりません。次の点に注意を払う必要があります。

  • 馬の背中のサドルの均一性。
  • 構造がどの側からも圧力を受けていないかどうかを確認します。
  • サドルは前後に動かさないでください。

すべてうまくいったら、シンチを締めて試運転をする必要があります。同時に、以下のニュアンスに注意を払ってください。

  • ライダーのフィット感は快適でなければなりません。
  • トロットに乗るときは、ジャケットにウールがないことを確認する必要があります。運転者自身がサドルの下から身を乗り出してはいけません。

たとえば、馬が広い胸郭を持っているなど、規格外の追加がある場合、サドル選択の問題は数年間遅れることがあります。それはあなたの馬を測定し、注文するサドルを作るだろう良いサドラーを見つけることが簡単になります。

シート製造工程

自分でサドルを作りたいのであれば、それが初めてうまくいくとは思わないでください。悲しい工芸品は、他の多くのものと同様に、忍耐力が必要です。困難を恐れていない人は、サドルがいくつかの段階で作られていることを知っておく必要があります。

  1. 最初に、Lenchikが作られます。それは全体構造の基礎です。馬の快適さはLenchikの製造の正確さによって異なります。デザインの基本は、金属製の弓で相互連結された木製の板でできています。あなたが仕事を始める前に、あなたはこれのためにボール紙とワイヤーを使って製品のモックアップを作る必要があります。
  2. Lenchikの製造後は、内装を埋める必要があります。これのために、基盤は泡ゴム製家具製造販売業によって重ね合わせられる合板から成っています。ほとんどの場合、フォームラバーは数回折りたたまれています。合板のベースに泡を詰めるときは、釘がレッキックのベースに入ることを確認する必要があります。
  3. 次のステップは室内装飾品の製造です。原則として本革が使用されます。革を扱うには一定のスキルが必要なので、代わりに天然素材で作られた厚い布を使うことができます。
  4. サドルを作った後、あなたはキュントを作る必要があります。それらは非対称に配置されています。胴回りの主な仕事はサドルを一箇所に固定することです。

当然のことながら、この情報はサドルの自作には十分ではありませんが、サドルのデザインを理解するのに役立ちます。

サドルの摩耗の程度を評価する方法

自分の馬を購入することにした初心者のライダーの多くは、サドルを購入する必要性に直面しています。新製品はかなり高価なので、中古製品を選ぶことがしばしば必要です。選択するときは、次のニュアンスに注意を払う必要があります。

  • 第一歩はチェックprisugiです。それらは伸ばすか、または薄くすることができます。あなたはprisstrugiを簡単に取り替えることができるので、あなたはサドルを放棄してはいけません、特にそれが優れた状態にあるならば、しかし価格はかなり下げられることができます。
  • すべてのリベットと切妻ロックが所定の位置にあり、正しく機能している必要があります。
  • 次に、あなたはLenchikをチェックする必要があります。変形したり壊れたりしてはいけません。壊れたLenchikが付いているサドルを買うことはすぐに放棄されるべきです。
  • 次のステップはシートクッションの検査です。変形してはいけません。必要ならば、あなたはシートクッションの詰め物を取り替えることができます。

さらに、サドルの外観に目に見える摩耗の兆候があってはいけません。擦ることは許されますが、引き裂かれた肌のサドルは取る価値がありません。

オプションサドルはたくさんあります。選択するときの主なことは、外観ではなく、ライダーと馬の両方の利便性に焦点を合わせることです。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...