ボーイング社は爆発から守るための力場を開発

数年前、この力場はSF映画やコンピュータゲームでしか聞こえなかった。この素晴らしいアイデアは、ボーイングのエンジニアを魅了しました。彼らは特許を取得し、積極的に新しい技術を開発し始めました。力場は戦争の発射物の爆発から様々な軍事装備を保護しなければなりません。たぶん、そのような分野は直接の打撃を持続しないでしょう、しかしそれは爆風の影響からそれを保護することができるでしょう。

開発者について

ボーイングはアメリカの企業であり、航空、宇宙および軍事機器の最大のメーカーの一つです。本社はシカゴにあります。主な生産拠点はシアトルです。同社には、Boeing Commercial Airplanes(民間部門)とBoeing Integrated Defense Systems(軍用部門)の2社が含まれています。

フィールドの原理

このプロジェクトで説明されている技術は次のように機能します。爆発が車両の近くで発生すると、保護システムがセンサーを作動させます。それはまた最大精度で爆風の方向とそれが装置に到達するのにかかるであろう時間を決定するでしょう。その後、特別なアーク発生器が作動し、レーザーシステムを使って一種の力場を作ります。保護場はプラズマシェル内に位置するイオン化された空気の区域であり、これは反射および吸収特性を有し、また爆発波の方向を変えることができる。

この情報は空想のサイエンスフィクション作家のようですが、その特許は実際に存在しており、アメリカの組織である米国特許商標局の公式リソースで読むことができます。このプロジェクトは、長年ボーイングで働いてきたエンジニアBrian Tillotsonによって書かれました。開発がすべてのテストに合格すると、軍用車両だけでなく、さまざまな建物、船舶、航空機を保護することができます。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...