ブラジルの大統領と独立のための闘争

強い大統領権限は、ラテンアメリカ諸国の政治構造の本質的な属性の1つです。ロマンス語を話すほとんどすべての国は、大都市からの独立以来、共和制の政権を取っており、大統領機関が公共政策において重要な役割を果たしています。ブラジルはポルトガル語で話されていますが、その国の政治体制も同じモデルに基づいています。その権限が国の憲法によって定義されているブラジルの大統領は強い実力を持っており、国会や政府と密接に連携しています。

ブラジルの領土の輪郭と国旗

現在のブラジルの政府モデルは100年以上前から存在していましたが、この間に46人の大統領が変わり、それぞれ何らかの形で国家の政治史に貢献しました。

独立への道のブラジル

19世紀の出来事の激動の中で、画期的な変化は旧世界だけでなく影響を与えました。南半球の海の向こうに劇的なことがそれほどありませんでした。世界の政治地図を席巻した大規模な地政学的傾向の影響の下で、植民地帝国の境界は割れた。スペインとポルトガルはもはや彼ら自身のエリートが現れた場所で彼らの植民地を阻止することができなかった。それは市民社会と政治的形成のそれ自身の形を取った。まず、スペインの植民地支配体制が継ぎ目で破綻した。少し後に、ブラジルはポルトガルとの臍帯を切断し、独立した経済的および政治的発展の道をたどりました。

1822年ブラジル - 帝国の地位を獲得

今日、ブラジルは南アメリカ最大の州であり、ラテンアメリカの世界の政治地図のトッププレーヤーです。 19世紀には、状況は完全に異なりました。西ヨーロッパのほとんどすべてがナポレオンによって支配されていた1807年に、ポルトガルの変わり目が訪れました。フランス軍による国の占領の危険性を考慮して、王立裁判所は、海外にリオデジャネイロに移住することを決定しました。したがって、ある時点でブラジルはポルトガル王国の主な行政上および政治上の中心地となりました。 1815年以来、旧ポルトガルの植民地は、ポルトガル、ブラジル、アルガルヴェの王国の法令としての地位を得ています。そして、リオデジャネイロの最大の都市には、広大な王国の主要な国家機関が集中しています。この状況は1821年まで続き、その後ポルトガルの王、JoãoVIは再び彼の裁判所をポルトガルに移しました。ブラジルでは、王国の権力が、フアン6世ペドロ王の王子であるビクセロイの手に渡ります。

ブラジルの王国を解散させ、再びこれらの土地に州の植民地としての地位を取り戻そうとした大都市の試みは、ペドロイ・ペドロからの反対に遭遇しました。 1822年9月1日に地元のエリートと豊かなプランターによってサポートされて、Viceroy Pedroはブラジルの独立を宣言し、そして1ヵ月後にブラジルの皇帝になりました。

ブラジルペドロ1世の最初の皇帝(1822年10月12日 - 1931年4月7日)

ブラジルの最初の皇帝、ペドロ1世はその国の象徴的な人物となりました。彼の統治の間(1822年 - 1831年)、国は独立国家、主権国家、独立国家の特徴を獲得し始めました。かつての植民地の代わりに、天然資源に恵まれた大規模な州が、世界の政治地図上にまとまりのある強力な政治的に活発な市民社会と共に現れています。これは1824年に採択されたブラジル憲法によって証明されており、当時は民法法のモデルでした。

1826年、ブラジルの皇帝ペドロ1世がポルトガルの王となり、ブラジル帝国の両方の主要部にすべての権力を集中した。同時に2つの王座を握るというペドロの願望は、ブラジル皇帝との残酷な冗談をした。困難な政治的動きの結果として、ペドロは1828年にポルトガルの王冠を失い、3年後の1831年に、彼は若い息子ペドロを支持してブラジルの王位を棄権することを余儀なくされた。 1831年から1840年まで、ブラジルはリージェンシー評議会の管理下に置かれました。この期間中に、ポルトガル人は州の装置から搾り出されていて、地元の施設の代表者が彼らの代わりをします。 1840年に、すべての必要な力を持つブラジルの王座は、名前のペドロIIと共に王冠を受けたブラジルの最初の皇帝ペドロの成熟した息子に渡しました。ペドロ2世が帝国の王座に登場したことで、50年に及ぶブラジル帝国の黄金時代が始まります。

ブラジルペドロ2世の第二皇帝(1831年4月7日 - 1890年11月15日)

第二皇帝ペドロ2世の治世中に、国はその領土をそのままに保ち、強力な統治の下で巨大な州のすべての行政区画を統一することに成功した。ブラジルは、十分に発達した国家装置と行政および行政の安定したシステムを受け取ります。 1888年、国はついに奴隷労働を排除し、この植民地市民団体を非合法化しました。南アメリカのほとんどの国々を巻き込んだ激動する社会的および政治的状況を背景に、ブラジルは依然として政治的に落ち着いて安定した島でした。この状況は、ヨーロッパ諸国からの移民の増加した流れによって大部分促進された、その国の経済の発展に有利に働きました。

このような社会的、政治的状況にあることから、ブラジルは次の政治的発展段階、すなわち君主制から共和党制への移行に徐々に近づきました。

国の最初の共和国そして最初の大統領

ブラジルの最後の皇帝は1831年から1890年まで政権を握っていました。この間、ペドロ2世は国のために多くのことをしました。君主の権威を強化することだけでなく、帝国の国家権力のすべての主要機関への彼の影響を維持することもできました。ブラジルでのこの君主制の時代には、30の政府が交代し、首相は自由党と保守党を代表する23人となりました。

ブラジルの19世紀末。シュガープランテーション - 経済の主な収入

かなり安定した内部の社会政治情勢にもかかわらず、ブラジルはますます政治体制の変化に向かって国を押している政治プロセスの影響を感じています。この国では、地域レベルでの権力強化へのバイアスがありました。地元のプランターや土地所有者は、中央政府に彼らに幅広い権力、すなわち国の州統治システムの形成に影響を与える能力を提供するよう要求した。急速に発展している産業は、多数の大規模な産業と金融の独占の出現に貢献し、それはまた、政府の新しい原則への移行という考えに対する支持を表明した。しかし、政治体制の変化が大規模な革命運動を伴った隣国とは異なり、ブラジルはむしろ容易にそして無血で次のステップに踏み出して共和国になりました。

生じた状況の中で、ペドロ2世皇帝はこの状況からの道を見つけようとしました、しかし彼の試みは成功で戴冠されませんでした。聖職者の代表者を擁する企業の実質的にすべての寡頭政派グループおよび産業金融グループは、君主制を共和制の政権制に変更したいという願望を示した。

軍隊を動揺させた1888 - 89年の政府危機は火に燃料を追加しました。フォンセカ将軍が率いる軍は、同国における武装クーデターの必要性について考える傾向があった。 1889年11月15日の短いデモと国の首都での武力衝突の後、皇帝ペドロ2世は王位を棄権することを余儀なくされました。元皇帝が国を離れた後、ブラジルは共和国に宣言されました。

1889年ブラジル共和国宣言

次の2年間で、国は暫定政府によって統治されました。そして、元帥テオドール・ダ・フォンセカによって率いられました。彼の体制に正当性を与えようとして、彼は国の新しい憲法の開発を始めました。ブラジルの歴史におけるこの時期は、セイバー共和国と呼ばれ、その間に政府のすべての糸が軍の手に渡りました。

ブラジルでは、連邦政府が州管理システムに取って代わっています。かつての州は州になりつつあり、憲法上の君主制の代わりに、大統領府が中央政府の代わりに登場しています。この立場は、1891年の新しい憲法制定以降に導入されました。これ以降、ブラジル大統領の公式地位は、次の解釈で聞かれます - ブラジル連邦共和国大統領。新基本法に従って、大統領は国家元首と共和国の軍隊の最高司令官になるだけでなく、その国の行政府の首長にもなります。国が足を踏み入れた新しい歴史的な時代は、一般的に1930年まで続いた旧共和国と呼ばれています。

他の同様の状況と同様に、クーデターを率いた人物が国家元首になります。ブラジル共和国の最初の大統領は1891年2月26日に議会で選出された元帥テオドロウ・ダ・フォンセカでした。

500 cruzeiroに関するブラジル初の大統領の写真

ブラジルでは、新しい憲法と政府機関がアメリカのモデルからコピーされたことに注意すべきです。大統領機関の機能の初期段階に存在した唯一の違いは、裕福な候補者だけが大統領に立候補できるということでした。地理的には、大統領選の候補者の輪は、ミナスジェライス州とサンパウロ州の2州に限定されていました。

ブラジル共和国の初代大統領の治世は短命でした。特定の州の開発プログラムを持っていない、フォンセカは事実上独裁政権の出現の事実にブラジル議会を置き、国を統治するすべての力を勝ち取ろうとしました。弾劾を開始する議会の試みは議会の解散で終わりました、しかし内戦の脅威は大統領に対する共和国の議会の概説された反対にもたらされました。困難な政治状況のために、Theodore da Fonsecaは辞任を余儀なくされ、共和国の次期大統領であるFlorian Peixotoの副大統領に権限を移しました(1891 - 1894年統治)。

フロリアンペイショットは、軍事政党を代表した最後の国家元首となった。 1894年に、彼はPrudente Jose de Morais Barrus - 共和党の代表者に置き換えられました。一般市民の権力の到来とともに、1930年まで続いた比較的穏やかな旧共和国時代が始まります。

ワシントンルイスペレイラデソザとフリオプレステスデアルバカーキ - 旧共和国の最後の2人の大統領(1930)

20世紀のブラジルの大統領

20世紀のブラジルの政治史は劇的な出来事に富んでいます。政治的国家システムの発展がどのように行われたのかを理解するには、20世紀を次のような段階に分割すれば十分です。

  1. 旧共和国の時代 - 1889-1930;
  2. Varas時代 - 1930 - 1945年。
  3. 第二次ブラジル共和国の時代 - 1945 - 1964年。
  4. 軍事独裁政権の時代、軍事政権の支配 - 1964 - 1985年。
  5. ニューブラジル共和国の時代は1985年に始まり、今日まで続いています。

最初の旧共和国の存在の間に、国の大統領は15人によって開催されました。最初の2人の大統領、フォンセカとPeixotを除いて、その後のすべての国家元首は国の2つの主要な州、サンパウロとミナスジェライスからの共和党の代表でした。

ワシントンルイペレイラデソザ大統領は1926年から1930年までその地位を握ったが、軍事クーデターの結果として倒され、任期の終わりまで終わらせることができなかった。彼の後継者はJulio Prestis de Albuquerqueであることになっていました、しかし、国の困難な軍事 - 政治状況のために大統領に就くことができませんでした。

この時期に、旧共和国は終わりを迎え、大規模な政府危機の結果として権力を握ったGetulio Vargasの支配の15年の期間が来ます。 1934年まで、バルガスは国の暫定大統領を務めました。新しい基本法が採択されてから1934年になって初めて、Getulio Vargasは大統領の権力を正当化し、独裁的なプロファシスト政権を築く道を切り開いた。 Vargasの時代は1945年まで続きました、その時、ナチス・ドイツの崩壊と共に、その時存在していた他の親ドイツの政治体制は終わりました。

Eurik Gaspar Dutra - 第二共和国の初代大統領

第二次世界大戦の終結後、ブラジルは第二共和国の政治体制を確立しました。それは、その不安定さにもかかわらず、1964年までほぼ20年間続いた。別の軍事クーデターがVargas政権を転覆させ、1951年まで最高の州の地位を握ったEuricus Gaspar Dutra将軍が率いる軍が権力を握った。市民社会からの否定的な国内政治的反応にもかかわらず、Getulio Vargasは再び1951年にブラジルの大統領になりました。バルガスが行った政治的、社会的改革は失敗した。国は社会的、社会的爆発と経済崩壊の危機に瀕していた。第二共和国は合計で9人の大統領を知っており、各大統領は国家の発展に貢献しようとした。ゲトゥリオバルガスの自殺後、国は1964年に軍事クーデターで終わった安定化ゾーンに入ります。 1955年以来、基本法が改正され、国家元首は2期連続で在職することができました。

1985年までの19年間、ブラジルは軍事政権によって統治されていました。 19年間、ブラジルは最初の軍事政党を代表する9人の大統領によって統治されていました。

1964年の軍事クーデター - ブラジルの軍事政権の始まり

現代ブラジルと新大統領

軍事政権の時代にはブラジルは外交政策の孤立の危機にさらされています。 1964年に政権を握った軍は、国の経済を近代化することができませんでした。市民社会の社会的および社会的平等化のプログラムは失敗した。外国では、ブラジルは南アメリカの支配的な勢力としての地位を失い、アルゼンチンに道を譲った。

この立場にあって、与党の国家復活同盟は徐々に民政への移行を進めた。最初の民主的に行われた選挙で、彼はTancred Nevisを獲得しました、しかし突然の死は彼が大統領に就くことを可能にしませんでした。その後の選挙は、1964年以来最初の文民国家元首となったJose Sarneyに勝者をもたらしました。 1988年に、国は新しい憲法を受け取りました。それに従って、その後のすべての大統領は直接の大衆投票によって選出されます。

JoséSarnay - 1964年以来ブラジルで最初の民間大統領

それ以来、国は次の大統領によって率いられてきました:

  • JoséRibamar Ferreira deAraújoコスタサーニー - 治世1985-1990;
  • フェルナンドアフォンソカラーディメロは1990年3月から1992年10月まで大統領を務めました。
  • Itamar Augusto Cautieru Franco - 1992年から1995年まで国家元首。
  • フェルナンド・アンリケ・カルドーゾは1995年から2003年までブラジルの大統領として2年連続で残った。
  • MarcoAntóniode Oliveiraマシエルブラジル大統領、2003年から2011年。
  • Dilma Van Roussef - 2011年から2018年8月31日までの間にポストを握った同国初の女性大統領。
  • 2018年8月31日、ミシェル・ミゲル・エリアス・テマー・ルリアがブラジル大統領に選出されました。現在の国家元首です。
Dilma Roussef - ブラジル初の女性会長(退任)

このリストから、Fernando Afonso Color di MeloとDilma Van Rousseffの2人だけが彼らの力の終わりに達することができませんでした。最初の彼自身は弾劾の脅威で自発的に辞任した。 2人目のDilma Rusefは弾劾手続きの結果として退任した。主に大統領のために、3つの政治的な力の間で展開された闘争:ブラジルの民主党、労働者党とブラジルの社会民主党。

Резиденция нынешних глав государства - дворец Планалту - комплекс зданий, построенный в новой столице страны городе Бразилиа.

Дворец Планалту - официальная резиденция президентов Бразилии, столичный округ Бразилиа

Полномочия бразильских президентов

В соответствии с Конституцией страны на пост президента может баллотироваться любой гражданин страны возрастом не моложе 35 лет. Избрание осуществляется в результате прямого всенародного голосования из числа кандидатов политических сил, принимающих участие в выборах. Инаугурация избранного главы государства проходит в торжественной обстановке, в стенах Национального Конгресса. В тексте действующего Основного Закона закреплена поправка, разрешающая переизбираться действующему президенту страны на второй срок.

Что касается полномочий главы государства, то бразильские президенты имеют достаточно широкие права и не меньший круг обязанностей. Указы, декреты, решения, выдвигаемые главой государства в рамках исполнительной инициативы, носят силу законов. К полномочиям президента Бразилии относится подписание законодательных актов, контроль над соблюдением балансом всех ветвей государственной власти в стране.

Мишел Мигел Элиас Темер Лулиа - действующий президент Бразилии

В международной политике президент самостоятельно представляет страну в ходе дипломатических мероприятий, обладая правом подписывать международные соглашения и договоры, не противоречащие интересам государства. В компетенции президента находится верховное командование вооруженными силами страны. Глава государства имеет право объявлять в стране чрезвычайное и военное положение. Президент Бразилии наделен правом помилования и амнистирования в рамках действующего законодательства страны.

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...