モスクワのための戦い:ヒトラー電撃戦の失敗

1939 - 1941年に、第三帝国は広大な領土をつかむことに成功しました。ドイツ軍、またはWehrmachtは、どうにかしてヨーロッパの半分の勢力、そしてもう半分の勢力を征服し、彼らの同盟国と衛星を作った。この2年間のキャンペーンは非常に早く、ドイツ兵器の力は印象的でした。しかし、Wehrmachtの勝利行進は長続きせず、そして1942 - 1943年の敗北の後、それはほとんど姿を消した。ヒトラー軍の最初の大きな敗北はモスクワの戦いでした。

背景とモスクワのための戦いの背景

1941年6月22日に、ドイツ軍はソビエト連邦に侵入しました。非常に最初の日から、ドイツの業務上の優秀さははっきりと描かれました。いくつかの分野で勢力の数値優位性を作成することによって、最初の数週間で、Wehrmachtは、それとほぼ同じサイズの軍隊に重大な敗北を与えました。また、1941年6月の大惨事を考慮して、ソビエトの指導部はその技術的優位性を実現することができなかった。

1941年6月下旬から7月上旬にかけて、西部戦線の赤軍はほぼ完全に敗北した。事実、当時、モスクワへの道は国防軍に開放されていましたが、ソビエトの首都までの距離が長いため、1941年の夏にはその占領は不可能でした。しかし、状況は依然として厳しいものでした。

ドイツ軍の前進は非常に速く、7月10日までに彼らはスモレンスクに接近することができました。したがって、国境からモスクワまでの1000から約700キロメートルはすでに克服されています。しかし同時に、そしてWehrmachtは、比較的短い時間でこのような巨大な距離をカバーしていたので、やや疲弊しました。ドニエプル川を突破した、グデリア将軍の指揮下にある第2ドイツ軍装甲隊は真剣に主力から撤退し、攻撃を止めることを余儀なくされた。

スモレンスクの戦い

1941年7月10日から9月10日までの期間に、赤軍はスモレンスクの戦いとして歴史の中で下っていった防御と攻撃の行動の範囲全体を行いました。ここでソビエト軍は2ヶ月の間モスクワへ急いでナチス軍を拘束し、彼らに重大な損失を与え、彼らの攻撃的な爆発を著しく減少させた。

7月16日、国防軍はスモレンスクを手に入れた。この場合、ソビエト指導部は、政府の特別命令があるまで、そのような重要な都市の放棄をラジオで報告しないことを決定しました。スモレンスクの地域では、第16ソビエト軍が取り囲まれていましたが、それでも激しい戦闘でリングから抜け出すことができました。

スモレンスクの近くの戦い

7月29日、WehrmachtはYelnya市を占領し、それによって東への射影を形成した。大祖国戦争の歴史の中の別のページは、この突出と関連しています。 1ヶ月半の間に、赤軍は棚を切り落とし、イェルニ地域で軍事的に有利な踏み板を国防軍から奪うために多くの試みを行った。 9月の初めまでにソビエト第24軍は都市を捕獲することができた。しかし、戦いの中でソビエト軍ユニットは非常に大きな損失を被りました。それに関連して予備戦線はかなりの血を流されました。さらに、8月末以降、エルニンスキー橋頭は、ドイツ国防軍要塞の主要部隊の撤退や、他の分野のドイツ軍の登場により、すべての実用的価値を失いました。さらにその後の出来事は、Yelni地域での反撃作戦はほとんど意味がないことを示した。しかし、同時に、それは最初の重大なソビエト勝利の1つでした。

Yelnaのリリース

9月中旬に、ドイツ国防軍はソビエト - ドイツ戦線の中央部での活動を減らし、北部(レニングラード封鎖)と南部(クリミア半島の南西戦線の囲い込み)で一連の作戦を実施し、攻撃開始に好条件をもたらした。モスクワそれにもかかわらず、囲まれたソビエト部隊は絶望的で頑固な抵抗を提供し続け、それによってドイツ軍の攻撃を撃墜した。南と北で運用上の勝利を勝ち取った後、9月の終わりまでに、Wehrmachtは中央方向に準備を集中し始めました。決定的な戦いが起こる場所が明らかになりました。

パーティーの勢力と計画

9月末、Wehrmachtは3つの軍隊(2、4、9)と3つの戦車グループ(2、3、4)を含むモスクワ部門に非常に深刻な部隊を集中させることに成功しました。これらの部隊は、F・フォン・ボック将軍の指揮下にある軍集団センターの一部でした。空から、ドイツ軍はA. Kesselringの指揮の下で第2航空艦隊を支援した。ドイツのグループ分けの総数は78の部門、またはおよそ200万人、およそ2,000のタンクと1,300の航空機でした。

Wehrmachtは、赤軍の3つの前線:西側(16、19、20、22、29、30軍)に反対されました。 、第31、第32、第33、第43、および第49軍、元帥S.M. BudyonnyおよびBryansk(第3、第13、および第50軍、ならびに別個の作戦部隊)の指揮下。 A)I.エレメンコ大佐の指揮下にある。ソビエト軍の総数は約96師団、すなわち100万人、20万人、約1000個の戦車、そして約550個の航空機でした。したがって、全体的な利点はドイツ人の側にありました。

「台風」と呼ばれるドイツのコマンドの計画は、ブリャンスクと西部の前線の主要なグループを囲み、ほとんど露骨であったモスクワを攻撃する、いくつかの分野でソビエト軍の防御を突破することでした。ソビエト連邦の首都を占領しそれを取り囲むことだけではないと計画された。ヒトラーは、モスクワ居住者が誰もその都市を離れることができないことを夢見ていた。

赤軍の計画は正反対だった。それは、継続的に領土を守り、カウンター攻撃を受けさせ、さらにドイツ国防軍を疲弊させようとしていた。それから最高司令部と極東とシベリアから到着した師団の準備金を犠牲にしてすでに首都の地域に蓄積している新しい力の助けを借りて対抗策を実行することが計画されました。

戦いの始まり(1941年9月30日 - 10月11日)

1941年のモスクワ攻撃

1941年9月30日、ドイツの第2戦車グループの攻撃が始まりました。このグループはブリャンスクの南西に集中していたので、その推進は北東方向に行われました。すでに最初の週に、ここのドイツ軍はブリャンスク、オレルを捕らえ、ソビエトブリャンスク戦線のすべての軍を包囲することに成功しました。

ブリャンスク戦線での出来事と同時に、ドラマはVyazma地域の北部で発生しました。ここでドイツの攻撃は10月2日に始まりました、しかしまた最初の週にそれはソビエト西部戦線の軍隊を取り囲むという目標に達しました。このように、すでに台風作戦の最初の週に、3つのソビエト戦線のうちの2つの部隊は「ボイラー」にいました。

赤軍の囲まれた部隊の闘争は本当に絶望的でした。この場合、しばらくの間、ソビエト軍は西部戦線の指輪に穴を開けて成功しましたが、そのうちの何人かが指輪から抜け出すことに成功しました。 1941年10月上旬に赤軍によって殺害され、捕獲された合計人数は65万人を超えました。今モスクワ方向の正面はわずか9万人を開催しました。

VyazmaとBryanskでの敗北を粉砕した後、ソビエト指導部は予備戦線の残党を西側勢力に移転することを決めた。西部戦線の新しい司令官は、G・K・ズコフ将軍に任命されました。彼はどうにかしてMozhaiskフロンティアに頼って新たな防衛線を組織した。

モスクワ部門におけるソビエト指導部の新しい戦術は、最前線を守る力が完全になくなったので、首都に通じる主要高速道路をカバーすることでした。以前に取り囲まれたソビエト軍の清算の完了後、ドイツ軍司令部は再び攻撃を開始し、モスクワ部門のソビエト軍は敗北したと信じていた。しかし、赤軍ユニットは頑固で絶望的な抵抗を与え、敵を拘束しようとしました。

モスクワのための戦いの第一段階の結果は赤軍のための大きな敗北と防衛のために重要な領域の喪失でした。 OKHでは、ヒトラーがモスクワの運命が決まったと信じていたので、勝利の雰囲気が支配した。

モスクワ近郊の赤軍防衛(1941年10月12日 - 12月5日)

G. K.ジューコフ

1941年10月中旬に、ソビエトの指導部はモザイク防衛線の全ての部隊を西部戦線に移管することを決定した。幹線道路沿いに活動していたソビエト軍は、モーツァイスク地域で数日間Wehrmacht部隊を管理していたため、モスクワ地域の防衛線を強化する時間がありました。

10月14日、ドイツ軍はなんとかカリーニンの街(現在はトヴェリ)を占領しました。ここでソビエトカリーニン戦線が結成され、その部隊が敵に頻繁な反撃を与え始め、彼の攻撃を破り、北西からのモスクワへの危険を排除した。

スラッシュ

1941年10月19日、モスクワの郊外で、土砂崩れが始まりました。これは、道路が事実上泥ゼリーに変わったことを表しています。土砂崩れは国防軍にとって深刻な供給困難を引き起こした。ソビエト側にとって、それは困難をもたらしましたが、それほど珍しいことではありませんでした。この点に関して、ドイツ軍の攻撃は再び減速したが、それはソビエトの指導部を使用することに失敗しなかった。モスクワには、最高司令部の予備軍からの大部隊が装備され、防御線が装備されました。

しかし、10月15日になっても、首都から様々な州の機関の避難が始まった。 10月20日、街に包囲状態が導入されました。しかし、I.V.スターリンは街を去ることを拒否し、モスクワの運命に強い自信を示した。モスクワへのアプローチの擁護を組織するタスクは、GK将軍の西部戦線の司令官に委ねられました。ジューコフ、そして街自体 - モスクワ駐屯軍の司令官、中将アルテミエフ。

解凍期間は11月4日に霜が降り始めました。ドイツの将軍たちは、霜が解凍の困難から軍を救うことができる救済策として待っていた。しかし実際には、彼らにとって最悪の事態は始まったばかりでした。霜はほとんど即座にドイツ国防軍の部隊を襲い、困難な気象条件に備えていない。

しかし、ドイツの攻撃は続いた。 10月20日、ドイツ軍はトゥーラに向かって移動し始め、29日に彼らは都市に到着しました。トゥーラ第50軍を守った。彼女は、都市住民の幅広い参加で作られた要塞線に頼って、敵を拘束し、彼が突破するのを防ぐことに成功した。トゥーラの急速な攻略計画の崩壊後、ドイツの第2戦車グループの部隊は、第50ソビエト軍をつかみ、南からモスクワへと向かうことを目的として、街の東へと移動し始めました。しかし、ここで、11月末までに、敵は失敗すると予想されました:ソビエト軍は、継続的に反撃し、ドイツ人の前進を完全に阻止することに成功しました。

1941年11月7日、パレード

1941年11月7日、ソビエト軍の伝統的なパレードが赤の広場で開催されました。軍隊の前で、そのうちのいくつかはすぐに正面に行った後、I.V.を作りました。スターリン彼の演説の中で、彼は彼らが「ファシズムによって奴隷にされたヨーロッパの人々を解放するという大きな任務」を持っていたことをソビエト兵士に思い出させました。この演技と一般的なパレードは強力な効果をもたらし、それは軍隊と人々の戦いの精神を高めました。モスクワが放棄されないことが明らかになりました。

11月15日から16日にかけて、モスクワへのドイツ国防軍の全般的な攻撃が開始されました。この時点で、Wehrmachtはすでに51の師団を持っていましたが、そのうち13の戦車です。 9月末と比較して、この作戦に関わる部隊がこのように減少したのは、Wehrmachtの部隊の一部がソビエト軍に拘束されたり損失を被ったりしたために後方に連れて行かれ、補給された。

11月の終わりの間に、ドイツ人はどうにかしてモスクワ - ヴォルガチャンネルに行くと同時に、クリンとソルネチノゴルスクをつかみました。クレムリンまでの距離は約30キロメートルでしたが、ドイツ軍はそれらを克服することができませんでした。ソビエトの防衛は10月に比べてより稠密になり、そして今Wehrmachtは軍によって反対され、その総数はおよそ100万人と800戦車であった。決定的なラインで圧倒的な数の優位性を失い、ドイツ軍はすぐに彼らの「貫通」能力を失い、11月の終わりから12月上旬には完全に1941年12月5日までに終わっていた地元の戦いで行き詰まりました。

守備の戦いの結果

1941年10月 - 12月の戦いの結果、Wehrmachtは約20万人の損失を被りました。ドイツ軍は攻撃能力を失い、深刻な霜は実質的に彼らの積極的な行動を麻痺させた。凍傷の症例、および関連する損失が頻繁になっています。 12月上旬までに、かつては手ごわい軍のグループ、センターは悲しい光景でした。しかし、それはまだソビエト首都の門に位置する約1,700,000人の人々の印象的なグループでした。

ソビエト軍はさらに深刻な損失を被り、約65万人が殺害され、負傷し、捕獲されました。しかし、これらの損失はまったく重大ではありませんでした:11月に、軍隊の数は再び百万人に上った。赤軍の士気は、Wehrmachtとは異なり、非常に高かった。

これらすべての要因を考慮して、ソビエト指導部はドイツ人をモスクワから追い払うために、そしてまた軍集団センターを倒すために対抗的な作戦を実施することを決めた。作戦の計画は、大規模な防衛戦の時代に始まり、敵の数的優位性に左右されます。

ドイツ軍司令部は、有利な状況でモスクワに対する攻撃を再開するために防衛を続けることを計画していた。

攻撃の始まり(1941年12月5日 - 1942年1月8日)

反撃

1941年12月5日の夜明けに、ソビエト軍(Kalinin Front)は突然モスクワ近くのナチスに対する反撃を開始しました。翌日、西部戦線も攻撃を開始し、そのおかげでドイツ陸軍グループセンターはソビエト軍から強い圧力を受けていた。最初の日から赤軍は重大な損失を被りましたが、なんとか攻撃に成功しました。

ごく初期の頃は、ドイツ軍司令部はまだ起こっている出来事の明確な絵を彼に提供することができるデータを持っていませんでした。しかし、その後、経営陣は起こりうる災害の本格的な規模を認識しました。 1941年12月8日、国防軍の攻撃が失敗したことを考慮して、ヒトラーはドイツ軍に東部戦線全体を守るように命令した。しかし、1941年のキャンペーンの間、すべての土地を押収することは不可能でした。

Kalininskyの方向では、ソビエト軍は敵の防御に楔入し、Kalininから軍を撤退させることを強いられた。激しい戦いの結果、12月16日に都市は解放され、戦闘に投入された新たな部隊は南からドイツ人の地位を受け入れ、それによってRzhevsky棚を作った。

中央(KlinとSolnogorsk)方向では、戦いも劇的に発展しました。ドイツ人はKlinを要塞化し、ソビエト軍に都市を奪おうとする試みで大きな損失を被らせることを計画していました。しかし、12月13日までに、赤軍部隊はWehrmacht部隊を半円にすることに成功した、それでドイツ軍司令部は西側に軍隊を撤回しなければならなかった。その結果、Wedgeはすでに12月16日に撮影されました。 12月20日Volokolamskがリリースされました。 Naro-FominskとBorovskの都市は、12月下旬から1月上旬にかけてモスクワの南西に解放されました。

攻撃的

トゥーラの地域では、ソビエト軍が第2ドイツ戦車グループの広まった命令を攻撃しました。彼らの戦闘効率を維持しそして大惨事を防ぐことを試みる国防軍の一部は、西と南西に後退し始めました。激しい戦闘の結果、ソビエト軍はトゥーラへの脅威を排除し、12月30日に起こったカルーガの解放のための必要条件を作成することに成功した。

1月8日に、モスクワ近くのソビエト攻撃は終わった。

ソ連の対抗攻撃の継続(1942年1月9日 - 4月20日)

ソビエトの反撃の結果として、非常に明るい見通しが赤軍に開かれた。軍隊が彼らの戦闘能力と攻撃的な爆発を失うことがなかったという事実を考慮して、ソビエト指導部はRzhevからドイツ人をノックアウトしてDemyanskポットでドイツ人を破壊するために攻撃を開始することにしました。しかし、ソビエト軍のこれらの行動は非常に失敗しました。これは主に、以前の作戦中に軍隊が依然としてかなりの損失を被ったこと、および非常に困難な気象条件のためである。

Rzhevの領域では、ドイツ軍は非常に強力な防御を構築しました、そしてそれは柔軟でした。最前線の裏に準備をしていたドイツ人は、大変な困難にもかかわらず、RzhevとDemyanskを維持するだけでなく、Demyanskとの土地接続を再確立することができました。

中央方向では、1月の終わりに、ソビエト軍は第4空挺旅団の一部としてロガチョフ地域で大規模な空挺攻撃部隊が配備された陸軍グループセンターを取り囲むことを試みた。また、MGエフレモフ中将の指揮下にある第33軍は空挺部隊に向かって前進した。 Однако немецкие войска, сумев организоваться после длительного отступления, нанесли удар по тылам армии, которые не были прикрыты. В результате 33-я армия попала в окружение, в котором находилась весьма продолжительное время и из которого смогла выйти лишь часть её личного состава. Сам генерал-лейтенант Ефремов застрелился.

В результате боёв января-апреля 1942 года, на западном направлении инициатива начала ускользать из рук Красной Армии. Советские войска понесли ощутимые потери и к маю были вынуждены перейти к обороне.

Потери сторон и итоги битвы за Москву

В ходе Московской битвы советские войска понесли огромные потери. Около 930 тысяч человек было убито, умерло от ран либо попало в плен. Примерно 880 тысяч человек составили потери Красной Армии ранеными. Также было потеряно более 4000 танков и около тысячи самолётов.

Немецкие потери составили примерно 460 тысяч человек убитыми и умершими от ран. Потери в боевой технике составили около 1600 танков и 800 самолётов.

Результаты битвы за Москву весьма противоречивы и до сих пор являются одной из тем оживлённых споров военных историков. При этом нужно оценивать не только территориальные результаты сражения, но и потери, а также изменения в стратегической и оперативной обстановке для обеих сторон.

В ходе Московской битвы Красная Армия понесла громадные потери (особенно на её начальном этапе), но затем сумела нанести ряд поражений немецким войскам, освободив часть потерянной в октябре-декабре территории. Однако в то же время советское командование упустило реальную возможность полного разгрома самой мощной немецкой группировки - группы армий "Центр" - и добиться победы над Третьим Рейхом уже в 1942-1943 годах. Тем не менее, наступательные операции были также проведены и на других участках фронта, что поставило немецкие войска в очень сложное положение. Тем не менее, уже в конце апреля 1942 года ситуация для советских войск начала ухудшаться, и вскоре инициатива вновь перешла к вермахту.

Немецким войскам удалось в начале сражения продвинуться практически вплотную к Москве, но затем, понеся серьёзные потери, и отступить на 150-300 километров на запад. Кроме того, некоторые части вермахта оказались в крайне невыгодном оперативном положении, ввиду чего им пришлось летом-осенью 1942 года проводить ряд частных операций по ликвидации угроз. В то же время немцам так и не удалось овладеть Москвой, и уже летом 1942 года вермахт вновь был вынужден начинать изнурительное наступление вглубь Советского Союза. Германия оказалась втянута в затяжную войну, победного конца которой не было видно. Тем не менее, командованию вермахта удалось спасти Восточный фронт от краха зимой 1941-1942 года и сохранить боеспособность войск.

Для Гитлера советское контрнаступление под Москвой стало весьма неприятным "сюрпризом", вину за который он возложил на целый ряд немецких военачальников. Так, в декабре-январе со своих должностей были смещены: главнокомандующий сухопутными силами Германии В. фон Браухич (его место занял сам Гитлер), командующий группой армий "Центр" Ф. фон Бок, а также командующий 2-й танковой группой Г. Гудериан. Эти перестановки стали своеобразным признаком истерии, царившей в кругах германского командования перед лицом возможной катастрофы.

Для союзных СССР держав битва под Москвой стала своеобразным "открытием" - стало ясно, что немцев можно бить и побеждать. С целью лично убедиться в успехах советского оружия, под Москвой побывал ряд официальных лиц из Великобритании и США. Масштабы победы над вермахтом поразили их.

Для советского народа победа под Москвой также стала первой радостной вестью за долгие месяцы страданий и потерь. Стало ясно, что победа над нацизмом неминуема.

Учитывая все факты, можно с уверенностью сказать, что битва под Москвой, хоть и была по сути ничьей в военно-оперативном отношении, но стратегически она однозначно стала победой как для Советского Союза, так и для его союзников.

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...