致命的な手裏剣スター:歴史、分類、アプリケーションの機能

手裏剣は、隠しキャリー用に設計された、非常に大規模な日本の投擲武器のグループです。時にはそれはピアスやカットの武器として、近接攻撃で使用されました。 「手裏剣」という名前は「ブレードは手に隠れている」と訳されています。

日本の縁取りされた武器の多様性の中で、それは手裏剣と最も有名で人気になった伝統的な刀カタナナに興味があります。そして、カタナに関してこれが絶対に公正で正当化されるように見えるならば、手裏剣の大声での名声はいくらかの当惑を引き起こします。そのような投げ武器の名声の理由は非常に簡単です:現代映画とアニメのおかげで、手裏剣は神秘的な日本の中世の殺人者とスパイの本当の「テレホンカード」になりました - 忍者。しかし、この見解は完全には真実ではありません。

手裏剣には非常に多くの種類がありますが、形、大きさ、重さ、そして製造方法が異なります。これらの武器の種類が異なると特別な機能があります。すべての手裏剣は2つの大きなグループに分けることができます。

  • ボーシュリケン
  • Syakens

最後のグループは、映画「忍者スター」で私たち全員によく知られています。

今後の戦いで強力な異世界勢力を彼らの側に引き付けるために、マスターはしばしば手裏剣に様々な神秘的な兆候を置きます。一般的に、手裏剣は中世の日本では非常に一般的な投擲武器であり、忍者だけでなく武士によっても使用されていたと言えます。したがって、その使用方法は、ほぼすべての有名な日本の武道学校で教えられました。

今日、手裏剣はヨーロッパとアメリカの通常の銃屋で買うことができます。ただし、国によってはこれらの武器の販売が禁止されています。ロシアの法律(GOSTによる)によると、手裏剣の長さは8 mmを超えてはいけません。そうでなければ冷たい武器と見なされます。

しかし、この武器の説明とその分類に進む前に、その発生の歴史について少し語る必要があります。

武器の歴史

日本では、投擲武器(槍、投げ矢、斧)は、例えばヨーロッパほど普及していませんでした。初期の頃、最も一般的な発射体は日本のスリング、Hesihaikasの助けを借りて投げられた石でした。歴史的な論文では、戦闘中の戦士がどのようにして矢や短い脇差の刀を敵に投げたかについての記述があります。

投げ技の最初の説明は、私たちの時代の7世紀に書かれた論文であるコジキにあります。この文書は敵に石を投げる方法について書かれています。もう一つの古代日本の情報源であるManueshiには、矢を投げるテクニックが描かれています。手裏剣は、大阪城戦争物語で最初に言及されており、この同じ作品では、それは戦士タダマスがどのように彼の対戦相手に短いwakizashi刀を投げたかを伝えます。後に、手裏剣術の創始者となったのはこの男でした。

12世紀の年代記には、戦闘における石の使用についての説明がよくあります。敵に石を投げることが主な任務だった特別な戦士の部隊さえもいました。これは「indzi-uti」または「石投げの戦い」と呼ばれていました。後に、XIVとXVの世紀の間の戦争の間に、同様の戦術がしばしば使われました。そのような戦いに参加した戦士は「向井つぼの物」と呼ばれ、それは「高度な石器」を意味します。

すでにXIII世紀の終わり - 14世紀の後半に、石は特別な金属の発射体 - indzi-yari( "石 - 槍")に置き換えられ始めました。それらはその形で槍の先端に似ていました。 XVI-XVIII世紀頃には、tsubuteが現れました - 丸みを帯びたまたは八角形の縁が鋭い金属プレート。 indzi-jariがbo-shurikenの先駆けになり、そして将来のtsubuteがsyakenに変わったようです。

おそらく、bo-shurikansはよく知られている「star-syakens」より早く現れました。手裏剣に隠れている手裏剣という言葉のまさしくその意味でさえも、この武器の最初のサンプルは多角形の星ではなくブレードに似ていたことを示唆しています。 

しかし、それは決闘を投げるために適応させることができる通常の日常の物からbo-shurikansが進化したことはかなり可能です。そのうちのいくつかは、名前の中に彼らの「祖先」の名前を保持していました:ari-gata(針状)、kugi-gata(爪状)、tango-gata(ナイフ状)。

Tsubuteは非常に一般的な武器でした、それへの言及はいわゆる忍者論文に見られます。当然のことながら、彼らは戦士の主な武器ではなかった、tsubuteは敵の体の保護されていない部分に投げ込まれ、彼を傷つけるか少なくとも彼をそらそうとした。

江戸時代の中頃までには、手裏剣投げのような武術の一種、シュリケンジュツがすでに日本に登場していました。それは槍を投げるというより古くからの芸術 - ブジュッツ - から形成されたようです。ただし、手裏剣の起源はまだ謎のままです。これは主にシュリケンジュツの芸術が秘密であったという事実によるものです。

シュリカンには数多くの大きな利点があり、それが彼らの幅広い流通を決定しました。第一に、この武器は小さい重さと大きさを持っていたので、ひそかにそれを運び、突然それを敵に使うことを可能にしました。第二に、手裏剣は安く、生産にはそれほど時間がかからず、鍛冶屋からの高い資格を必要としませんでした。手裏剣用に最高品質の鋼を使用することはできませんでした。この場合、よく訓練された戦闘機はかなりまともな距離で手裏剣で敵に命中する可能性があります。さらに、この武器は、ナイフ、スタイレット、または真鍮製のナックルとして、特に戦闘中(特に手裏剣)に使用することもできます。

分類

手裏剣の一般的な説明をすることは問題があります、なぜならそれは外観と特性において非常に異なる種類の武器を多数持っているからです。上記のように、手裏剣投げ武器は2つの大きなグループに分けられます:bo-shurikensとsyakensです。

Bo手裏剣またはBojo手裏剣。これは、棒、丸、八角形、または四面体の形をした冷たい投げ武器の一種です。原則として、手裏剣は片端を鋭くしましたが、両面を鋭くする場合もあります。これらの致命的なスティックは12から25センチメートルの長さと30から150グラムの重量を持つことができます。ボーシュリケンの形状は非常に異なっていてもよい:棒状、くさび状、紡錘状、針状、ナイフ状または釘状。現在、この武器の50以上の形態が知られています。

ボーシュリケンを使用する技術は、多くの日本の武道学校で研究されてきました。そのため、忍者のスパイだけでなく、武士も手裏剣を戦闘に使用することの秘密を非常に熱心に研究しました。

Syakens(またはくるまけん、「刀輪」と言います)。このタイプのミサイル兵器は、鋭いエッジを持つ星のようなか円形の薄い金属プレートの形で作られました。そのようなプレートの直径は100から180mmであり得る。この武器は、非常に小さいもの(1 mm未満)からかなり大きいもの(約3 mm)まで、厚さが異なりました。薄くて軽いsyakensは投げやすいですが、それらの範囲と正確さはより低いです。さらに、そのような武器は敵に深刻なダメージを与えることは困難です。重い「星」はより優れた弾道特性と貫通特性を持っていましたが、それらを投げるのはより困難でした。そのため、発砲速度が低下しました。時々揺れの厚さは中心から端まで減少した。この設計は武器の弾道特性を改善したが、その製造を複雑にした。

製造中、金属平板は均一に急冷され、次いで光線が形成された(もちろん、星が作られた場合)。それから彼らを鋭く磨き上げました。

そのようなプレートの中央には、通常、この武器の空力特性を向上させる穴があけられていました。さらに、手裏剣を鍵の束のようにロープで運ぶことができました。さらに、穴は何か(木や侍の頭の中)で動けなくなったときにこれらの武器の除去を容易にしました。ちなみに、より高度な空力フォームのおかげで、syakensはbo-shurikensよりも大きな破壊範囲を持っていました。 "星"でそれは約12 - 15メートルでした、そして鋭くされたロッドはちょうど7 - 8メートル投げられることができました。

ちなみに、「星」は忍者にはもっと人気があり、武士は直接手裏剣を使うのが好きでした。膨大な数の品種syakenovがあります(50以上)。まず第一に、それらはそれらの形状によって区別されます:丸い、6尖頭、四角形、3ビームなど。彼らの名前 - まさにbo-syurikensのような - は、それらを最も頻繁に使用していた1つまたは別の武道学校に関連しています。

bo-shurikensとsykensのサイズや形の多様性は、主にそれらの使用方法の違いによるものです。ところで、今日でも東部の武道学校ではそれが続いています。当時の製品には共通の標準がなかったことも理解しておくべきです。そのため、各鍛冶屋は独自のサイズと形状を持つユニークな製品を作りました。さらに、手裏剣の製造では、もちろん、戦闘機の個々の特性と彼の好みが考慮されました。

しゅりかんの使い方

今日に至るまで書かれた資料には、手裏剣のさまざまな使い方が書かれています。投射は、異なる軌道を使用して異なる位置から行われます。当然のことながら、様々な種類の手裏剣を投げるテクニックにも違いがあります。さらに、各武道学校はこれらの武器を使用する独自の方法を持っていました。

私たちがbo-shurikansと働くことのテクニックについて話したら、彼らは2つの主要なテクニックを識別しました:ターンのないロールとターンのあるロール。

通常、bo-shurikenは親指と人差し指の間に固定されていたので、その鈍い端はそれらの付け根にありました。それから武器は敵に向かって力で投げられました。よく投げられた手裏剣はできるだけ直線に近い軌道に沿って飛ぶはずです。投げるときの回転を最小限にしようとしました。両側をシャープにして、手裏剣を投げるのがずっと簡単でした。

発射体がブラシをねじる間、Syakenは通常シリーズを投げました。手裏剣の所持の達人の中には、こんなに人気のある言葉がありました:「一息吐き - 五ナイフ」。他の情報筋によると、よく訓練された戦士は10〜15秒で5つの「星」を投げることができます。従ってそれらの数によって引き起こされる損傷の小さい深さを補うことを試みる。投球の最大射程を考えれば、敵が剣や槍の殴打の距離に近づくまでに防御側は約3-4秒かかりました。手裏剣の最先端が毒でコーティングされていることもありました。これは特にニンジャ人に愛されていた手法です。

回転運動は、この武器が安定性を維持し、より遠くへ飛んでそしてより正確に目標を打つことを可能にしました。

手裏剣の主な目標は、顔、目、のど、手足、および鎧によって保護されていないその他の体の部分でした。

忍者たちは本当に呪術師を愛していたが、もちろん、彼らはこれらのとらえどころのない戦士たちの兵器庫の主な武器ではなかった。研究者が検出することができた忍術の指示では、手裏剣を投げる方法の事実上の記述がないことに注意すべきです。この事実は2つの方法で解釈することができます:このスキルはとても秘密だった(あなたはshurikjutsuを思い出すことができます)その秘密は紙にさえ信頼できなかったか、または各マスターは彼自身のテクニックを持っていました。日本の軍事エリートの間でこれらの武器が広範囲に分布していることを考えると、2番目の説明はより好ましいように見えます。

忍者の戦士は絶対にあらゆる位置から「星」を投げることができたはずだと信じられています:走っている、立っている、座っている、横になっている。両手を使って武器をさまざまな弾道で投げつけたり、あらゆる収納場所から手のひらを狙い撃ちする速度(ベルト、肘掛け、衣服の袖口など)を同じスキルで習得しました。今日、私たちはこの武器を投げる7つの基本的な方法、9つの秘密の方法、そして忍者が使う8つの中程度の難しさについて知っています。

これらの中世の日本の偵察スカウトは投擲武器としてシュリケンを使っただけでなく、壁やスクリーンに穴をあけ、釘を引っ掛けたり、隠し観察用に穴を開けたりするのに便利でした。

手裏剣は通常、それぞれが8〜10個ずつ布で包まれて積み重ねられていました。ポケット、袖、さらには髪に隠れることもあります。

Загрузка...

人気のカテゴリ

Загрузка...